葬儀や納骨も今やコンパクト化し、その日のうちに納骨を済ませる時代でもあり、早めに済ませる傾向があります。

大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出
大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出

葬儀と納骨のコンパクト化

昔のお葬式というものは、家で葬儀を執り行いました。今では、核家族化も進んだ影響か、葬儀も家で行わずに葬儀場で行うことが主流となっています。さらに、今は葬儀もコンパクトかして、葬式が終わり次第火葬し、そして納骨をするとうのが一般化しつつあります。家の中に、骨壺を置くことよりも、即納骨するというのが手間が省けるということもあるのでしょう。そういう傾向があるようです。

さたに、現在は葬儀も一般葬儀よりも家族葬が行う家庭も増えています。核家族化が進み、葬儀もコンパクトになってきましたが、さらにコンパクト化して家族だけでの葬儀というものが多くなりました。費用も、一般葬儀に比べてかからないというのも大きなポイントになります。そして、納骨する際もお墓も高いということから、納骨堂に入れるケースも増えてきています。

都内では、土地がないということ、さらに狭いといことから墓地を作るにも困難になり、しかも土地価格が高いときています。ゆえに、今は都心にお墓を置きたい人は納骨堂を活用している人が多くあります。都心では、なかなか墓地を購入ということも難しくなりました。都心を離れて、郊外のところの寺院か霊園に置くことが望ましくても、お参りをする人が高齢者となれば、郊外までのお墓参りは大変苦労するというものです。ゆえに、高くて購入できないお墓ならば、近くの納骨堂に骨を預けてお参りをするというケースも増えています。葬儀もコンパクト化していますが、お墓もコンパクト化しています。

注目のワード、調べるならココをチェックしてください