故人の遺志や、遺族の考え方で葬儀や納骨も変化してきました。生前に本人が希望する葬儀を話し合う時代ですね。

大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出
大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出

葬儀や納骨のスタイルも時代とともに変わっていきます。

葬儀が終了したら、仏式では火葬したお骨を一度自宅に持ち帰り、初七日から四十九日までの間に納骨するのが一般的です。このうち一番多いのは忌明けにあたる四十九日で、この日に親類や親しかった人を呼んで法要と納骨を行うことが多いようです。新しい墓地を買って墓石を建てるまでや、郷里の墓地に埋骨するまでお骨を一時保管したいときは、お寺や霊園の納骨堂に加納しますが、それでも火葬後は遅くても一年以内に墓地や、墓石を準備して納骨したいものです。しかし最近では、海や山に故人の灰や骨を撒く散骨という形の自然葬にする人も増えているそうです。墓を作っても跡継ぎがいない人、死んだら自然に帰りたいという考えの人などの間で「自然葬」が注目されているようです。

私が住む地域でも、従来通りの納骨が多いようですが、樹木葬や散骨など、墓地のスタイルも様変わりしています。お墓はますますシンプルな墓所の需要が高まり予算も低価格で抑えられる「かべ墓所」が人気が高まっているようです。また子供がいないなど、跡継ぎが途絶えても墓地、墓所が永久に残る「永久墓所」の重要も増えているそうです。洋風な平面スタイルの墓石を置いたり、樹木だけを目印に植えるケースも多いそうです。従来では後継者が途絶えた場合、多くの墓地、霊園では合葬墓に移されて埋葬されますが、他人様の遺骨と一緒では嫌だと要望に応えようと既存墓の移転専用にシンプルなプレート墓所の構想をしていつ霊園もあるそうです。