葬儀での納骨にはいろいろな方法があるので、費用や本人の希望などを考慮して準備できたらよいのではないでしょうか?

大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出
大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出

葬儀での納骨にもいろんな方法があります

あなたは納骨(のうこつ)をしたことがありますか?私は祖父の葬儀で納骨を経験しました。ちなみに祖母のときは土葬でした。納骨には2種類の意味があります。一つ目は遺体を火葬した後、遺骨を骨壷に入れることです。二つ目の意味は骨壷に入っている遺骨を、お墓や納骨堂に納めることです。一般的には二つ目の意味を示すことのほうが多いようです。一般的にはお墓に納めるのが一番ポピュラーな方法です。納骨堂への納骨は一時的に納骨する期限付き納骨と一時納骨があります。この場合お墓が用意出来るまでの一時的な期間利用する方が多いと言われています。その他にも親族が途絶えても永久に供養される永年納骨と永代納骨とがあります。納骨堂への納骨はロッカーのようなスペースに遺骨と位牌を収めます。ちなみに位牌とは死者の戒名などが書いてある木の板のことを言います。

その他にも散骨という方法があります。これはその名の通り遺骨をまく方法です。この場合どこにでもまいて良いのでは無く、許可が必要な場合があります。主に本人の希望があったときや、無宗教の方が利用します。そして一番最近の方法として、樹木葬という方法があります。これは金銭的にリーズナブルな方法なので最近注目を集めているようです。普段の管理費や永代供養料もかからないケースが多いようです。これは墓石のかわりに樹木を墓標とする供養の方法です。そして宗教などを問わないので利用しやすいようです。樹木葬は1999年から始まったそうです。このように納骨にもいろいろな方法があります。

注目のワード、調べるならココをチェックしてください