葬儀においては想像はついている人たちが多いと思いますが、その後の納骨の事は知らない人へお伝えできれば。

大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出
大好きだった祖母の葬儀と納骨の思い出

葬儀は考えるけど納骨って考えている?

何時、どのタイミングで、自分が行わなければいけないか解らない葬儀。お葬式においては何度か参加した事がある方が多いとは思いますので、何となく段取りは想像がつくのではないでしょうか?しかし、自分が行わなければならない葬儀となると、お通夜?お葬式?納骨と今まで経験した事が無い事が待ち受けています。その中でも、今回は納骨について焦らなくて済むまめ知識知っていただければと思います。

葬儀の後にやらなければならないことは、故人の法要。それに合わせて納骨も行わなければなりません。この、納骨。法要の後、すぐに行わなければならないと思っていませんか?じつは、時期に決まりはありません。納骨は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行うのが一般的です。これが一般的ですが、核家族化がすすんでいる日本においては、なかなか納骨がすぐに行える状態ではないですよね。お墓が遠方にあるだったり、すぐに納骨できるお墓を持っていなかったりと、理由は様々かと思います。実は、そういった理由の方々へ、一時的に預かってもらうということをして頂けるサービスを行っている場所があります。お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かって頂けるのでしたら、焦ってお墓の場所やお墓を作らなくても、比較検討ができるようになりますので、知っておいて損は無いのではないでしょうか。もちろん、預かって頂けるからといって、先延ばしにする事が良い事では無く、故人にその後ゆっくりしてもらえる場所を落ち着いて探せる期間と捉える事は前提です。落ち着いて検討して納骨をする日を決めて、故人の近親者、ごく親しい友人、知人などをお呼びして良い納骨式を行えるように、活用してもらえればと思います。

注目のワード、調べるならココをチェックしてください